敏感肌の強い味方!スキンケアも叶えるノンケミカル日焼け止め

「塗ったら顔が真っ白に!」「汗と混ざってドロドロ…」
こんな日焼け止めに関するお悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?
特に敏感肌の人は、肌の刺激にならず、これらのお悩みを解決できる日焼け止めを探すのに苦労しますよね… 実はみなさんが抱えているお悩みは原因が異なり、それぞれ違った対策があります。この記事では、お悩みの原因と対策について詳しく解説します。

あきらめなくても大丈夫!お悩みの原因と対策

①白浮き・肌のつっぱり

成分として含まれる「紫外線散乱剤」が原因かも紫外線散乱剤は、紫外線を反射・散乱させて皮膚を日焼けから守る役割があります。「ノンケミカル」日焼け止めには、この紫外線散乱剤が使用されます。代表的な成分として、「酸化チタン」「酸化亜鉛」などがあります。これらの成分は白く細かい粉末状なので、「白浮き」したり「つっぱり」を感じやすいんです。
紫外線散乱剤が使われている日焼け止めを選ぶなら、ローションタイプやミルクタイプがおすすめ!肌馴染みが良く白浮きしにくくなります。
一方で、紫外線吸収剤を使った日焼け止めもあります。こちらは白浮きしにくいですが、紫外線を吸収するときに化学反応を起こします。それが敏感肌の方には刺激となることも。そのため、敏感肌の方には紫外線散乱剤を使用したノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。

②汗・水で落ちやすい

日焼け止めが汗や水で簡単に落ちてしまう原因は、皮膚へしっかり「密着していない」からかも。定着成分が含まれていない場合や、肌に軽く乗せるだけではすぐに落ちやすくなってしまいます。
そんな人は、ウォータープルーフタイプの日焼け止めを選んでみましょう。代表的な皮膚定着成分として、「ジメチコン」「ジメチコノール」「コポリオール」などがあります。
また、乾燥した肌は皮脂の分泌が増え、日焼け止めが落ちやすくなるため、肌を保湿することも重要です。

③日焼け止めを塗っているのに焼ける

「SPF・PA値」を確認していますか? 日焼け止めの日焼け防止効果はSPFとPAの値によって異なります。
「SPF」はUV-B(肌を赤くする紫外線)に対する防止効果を示す値です。「SPF2~50」、50以上の場合は「SPF50+」と表記され、数値が大きいほど防止する効果が高いです。「PA」はUV-A(肌を黒くする紫外線)に対する防止効果を示す値です。「PA+」~「PA++++」の4段階で表記され、「+」が多いほど防止する効果が高いです。
SPF・PA値が低いと長時間紫外線を防ぐことが難しくなります。また、値が高くても塗りムラがあると焼けやすくなります。日焼け止めは均一に、円を描くようにしっかりと塗り込みましょう。ただし、SPF・PA値が高い日焼け止めは肌に負担がかかることがあるため、自分の肌質や肌状態に合うアイテムを選びましょう。

お悩みを解決するアイテムをご紹介

LNC UVプロテクター
  • 内容量:40ml
  • 原産国:日本
  • 価格:3,850円
  • LNC UVプロテクターは、紫外線・乾燥から肌を守り、肌荒れを防ぐ優れた日焼け止めです。

商品特徴

肌にさらっと馴染んで白浮きしにくいミルクタイプで、薄づきなので他の化粧品との相性も◎
ウォータープルーフタイプだから汗・水に強く、SPF50+PA++++でしっかり紫外線をカット。
さらに、ウマプラセンタ配合で保湿とシワ改善効果も。グリチルリチン酸2Kが肌荒れも防いでくれるから、スキンケア効果もばっちりです!

こんな人におススメ

  • 高機能なノンケミカル日焼け止めを探している人
  • エイジングケアが気になる人
  • 乾燥肌の人
  • 海やプール、日差しの強い屋外レジャーに
  • 湿気が多い日
  • 汗をかきやすい人

まとめ

LNC UVプロテクターは、紫外線や乾燥、汗・水から肌を守り、シワ改善や肌荒れ予防の効果も期待できる優れたノンケミカル日焼け止めです。
次回の投稿では、汗のにおいの原因やにおいを抑えるアイテムをご紹介します。お楽しみに!